インフルエンザを未然に防ごう

インフルエンザは特にお年寄りは注意が必要です。一度かかってしまうと治すのに苦労をするだけでなく、肺炎などの合併症で、最悪の場合は命を落とす事も考えられます。「なってから治す」のではなく「未然にする」事がとても大事です。

インフルエンザで高熱が3日なら高齢者は命の危険も

インフルエンザというのはただの風邪だと思いがちですが、その症状というのは非常に激しいものであり特に高齢者などが3日も高熱が続くような状態だと命の危険もある病気です。
実際、毎年のようにインフルエンザに感染をして亡くなってしまう高齢者がいるほどに重大な病気であるため予防にはとにかく気をつけなければなりません。

感染力が強い病気であるため、予防に気をつけていても感染してしまうものとなっているため厄介なものです。
そこでインフルエンザを予防するのであれば、予防接種を受けるのが効果的な方法となります。
ただし、予防接種は人によって受けることが出来ない場合などがありますから、その場合には自衛をするしかありません。

手洗いなどは当然のこと、マスクなどをしてインフルエンザが流行している時には人との接触を出来るだけ避けるようにすることが大切です。
インフルエンザは人を介して移るものであるため、人が多い場所に行けば誰かが感染している可能性がありそこから移されてしまうこともあるので極力人が多い場所を避けることが重要となります。

そして、感染をしてしまった場合には重症になる前にすぐに病院に行かなければなりません。
風邪だと思って甘く見ていると手遅れになってしまうので、インフルエンザの時期に体調が悪くなった時にはまずすぐに病院に行って検査をすることが必要です。
インフルエンザの検査は簡単に行うことが出来ますから、感染をしてた場合にはすぐにわかります。
感染がわかった時にはそれに合わせた治療薬を使うことによって、早く治すことができるので重症になる前に食い止めることが出来ます。
高齢者はちょっとした病気でも重症になりやすいものですが、特にインフルエンザには注意をしなければなりません。