インフルエンザを未然に防ごう

インフルエンザは特にお年寄りは注意が必要です。一度かかってしまうと治すのに苦労をするだけでなく、肺炎などの合併症で、最悪の場合は命を落とす事も考えられます。「なってから治す」のではなく「未然にする」事がとても大事です。

2016年10月の記事一覧

インフルエンザと時期と光クリエールについて

インフルエンザが寒い季節に流行するのには、理由があります。
寒い時期になると、空気が乾燥してウイルスに感染しやすくなるのです。
空気清浄機を使って家の空気をきれいにして、加湿器で湿度を上げて乾燥を防ぐことは、インフルエンザ対策にもなります。
空気清浄機の中で、人気が高いのが光クリエールです。
光クリエールは、空気中のウイルスや雑菌をフィルタで捕集します。
そして、光触媒で分解します。
そのため、ウイルスが原因の病気にかかりにくくなります。
光クリエールは、インフルエンザウイルスなどのウイルスだけでなく、黄色ブドウ球菌などの細菌にも効果を発揮します。
タバコの煙は、のどに悪影響を与えます。
一般の空気清浄機では、タバコの煙に含まれているアセトアルデヒドなどの成分を分解することができます。
インフルエンザウイルスは、鼻やのどの粘膜に付いて繁殖します。
そして、くしゃみなどでウイルスが飛散すると、感染が広がっていきます。
ウイルスの感染を防ぐには、マスクをすることと手洗いやうがいを徹底して行うことも大事です。
光クリエールの光触媒の作用は、光合成に似ています。
光合成は、葉緑素を触媒にします。
そして、水と二酸化炭素から酸素を作ります。
光触媒は、酸化チタンを触媒にして、空気中に存在する酸素と水から水酸基ラジカルを作るのです。
この水酸基ラジカルに細菌などが触れると、酸化して分解されます。
光クリエールは、花粉症の原因となるアレルゲンを取り除くこともできるので、ダニやホコリが原因となるアレルギー性鼻炎や花粉症にも効果的です。
様々な予防をしていても、インフルエンザにかかってしまうことはあります。
昔と違って、現在では優れた抗ウイルス薬が開発されています。
インフルエンザにかかったと思ったら、すぐに病院へ行って適切な治療を受けることが大事です。

続きを読む