散気管を水槽で使用することで酸欠防止

散気管は液体にガスを排出する管であり、水槽などのエアレーションやエアストーンとして使用されてる事が多くあります。所有している水槽などの大きさなどによっても違いはありますが、重要なのは水質だけでなく酸素濃度です。水槽では魚などを飼育するだけでなく、水草をレイアウトして楽しむ人もお増えてきています。水草のレイアウトは大会なども行われており、需要が増えてきている趣味の1つです。

ただし水草を育てるのも魚を育てるのも、需要なのが水中内の酸素濃度になります。水草の場合は自ら光合成を行って酸素を排出しますが、太陽の光が必要不可欠です。室内の暗い部屋で水槽を設置している場合、やはり蛍光灯だけでは光合成は少なくなりがちです。そのため魚や水草が健康的に育てるためには、水中内の酸欠を防ぐ事が重要となってきます。

水草の光合成で補えない酸素は、散気管を使用することで安定した供給をする事が可能です。24時間排出させるだけでなく、時間を決めて酸素を供給させるなど工夫する事も出来ます。水中内の酸素濃度を散気管の使用によって安定にすることで、水草や魚の健康を安定させる事ができるのは強みです。もちろん飼育している魚の種類によっては、酸素の排出量や強さによってストレスになる場合もあります。

その際は魚の種類や性質をしっかり考慮したうえで、ストレスにならないように工夫しながら水中内の酸素濃度を保つ事がポイントの1つになります。散気管のことならこちら