散気管の利用による廃水の浄化

散気管を使うことで工業廃水を浄化することが可能となります。日々の業務で生じる廃水を、そのまま放流してしまうことは、環境基準に適さないことは勿論、周辺の住環境に悪い影響を及ぼすことにも繋がります。工場から排水する際に、過度の酸素を含むことは、水中の微生物の活動を鈍化させます。微生物の活動が鈍くなることは、水中の硫化水素の濃度を高めることに繋がります。

一定量以上の硫化水素を含んでしまうと、水中から悪臭が生じてしまうからです。異臭を放つ廃水を流してしまうことで、近隣住民からのクレームを受けることへと繋がるのです。散気管を導入するメリットには、水中の油分を分解させる部分もあります。工場から排出する廃水に、多くの油分が含まれてしまうと、水中の微生物が捕食できなくなります。

捕食されない油分は、川底に沈殿として溜まっていきます。沈殿が増えていくことで生態系への悪影響と水質劣化を招いてしまうのです。工場によっては、散気管による廃水処理ではなく、ディフューザーを用いた処理を行うところもあります。旧型の排水設備であるディフューザーは、利用の際に多くの電力消費を伴うものです。

長きに亘って工場を運営する上では、環境面を意識することは勿論のこと、運営コストを少なく済ませることも大切です。優れた溶解率と、少ない電力消費で運用できる散気管であれば、長きに亘って安定した工場運営を実現できるのです。長期に亘って交換の必要もなく使える点も散気管の魅力です。