散気管の活用で環境に優しい工場運営が実現

散気管を活用することで、環境に優しい工場運営が実現します。工業廃水のなかに、硫化水素を過度に含んでしまうと、水中の微生物の代謝が鈍化していきます。微生物の動きが鈍くなってしまうことは、硫化水素の濃度を増加させることに繋がり、悪臭を生じさせる原因にも繋がるのです。散気管を介して廃水処理を行うことで、水分中の酸素濃度を適切な量に調整することが可能となります。

環境基準に抵触することや、水面に水疱が生じることもない、綺麗な廃水を流すことが可能となるのです。長きに亘って工場を運営するためには、周囲の住環境に悪い影響を与えないことが大切です。散気管を利用することで、日々の業務で生じる廃水を問題ない形で放流できるのです。工場廃水を処理する際には、ディフューザーを使うケースも多いものです。

従来型の排水設備であるディフューザーに比べ、散気管の利用では、月の電力消費を大幅に軽減することも可能となっています。工業廃水を処理する際には、酸素濃度だけではなく、油分を少なくすることも大切です。水分中の油分が多いと、川底に汚泥が沈殿してしまうからです。過量の油分を含んだままでは、水中の微生物が捕食することが難しいからです。

優れた溶解率を誇る散気管を使えば、放流量の多い工場であっても、問題ない運営を続けられるのです。設置した後は、長期に亘って使い続けることも可能です。フィルターの交換に悩むこともなく、安定した運用を続けられるのです。