散気管の構造と用途について

廃液処理の際に散気管という器具がよく用いられます。ここでは散気管についての説明を行ないます。散気管の構造には、周りに小さな穴が開いたパイプ状のものや中空の円盤状のものがあります。内部に空気を送出することによって、側面の穴から泡を出させます。

その泡の利用方法については、大きく分けると二通りがあります。ひとつは物理的に泡に有害組成物質を吸着させて除去しようというものです。これは、液体が入り込めないということから泡の表面は疎水性を持つという風にみなせるということから利用されます。もう一つは、廃液中の有害有機物質を微生物で分解させる際に、好気性細菌が十分な活動ができるように酸素濃度を高めようというものです。

私たちが生活を送る上で廃棄物が出ることは致し方ないことです。ただ産業の大規模化や人口の集中などによって大量の廃棄物が出るようになり、私達の生活自体を脅かすような状況になってきています。その様なことから廃棄物処理は大変重要なこととなってきていますが、その中でも処理が厄介なのが廃液です。高い密度の有害物質が流動性が高い状況となって存在するからです。

様々なところから生活圏に入ってきて、私たちの健康被害を及ぼすことが懸念されます。そのようなことから、先程述べたような散気管を用いた有害有機物質の除去や分解というのは大変重要なこととなってきます。構造としては複雑なものではないのですが、私達の健康被害を防ぐというその役割としては大変重要なものがあります。散気管のことならこちら