• 用途が広いカラーダンボール箱

    薄い紙を何層にも重ねて箱上に形成したのが段ボールであり、内部構造をハニカムにすることで衝撃に強いという特性を持ちます。
    素材が紙なので大量生産ができるだけでなく、サイズも入れるものに合わせて変更できる多様性があります。そんな段ボールは需要が高く、企業もニーズに合わせて様々な工夫を加えて進化しているのです。

    そんな段ボールの進化の中で、特に若い世代を中心に人気となっているのがカラーダンボール箱になります。カラーダンボール箱はその意味通りに、素材となる紙に色素を加えることでカラーリングをした段ボールです。


    色付けをしただけの段ボールですが、この色を付けただけの工夫が利用者にとってうれしいメリットを与えることになります。


    まず色付けをしたことによって、もともとの目的として使われる整理整頓がしやすくなったことです。

    カラーダンボール箱情報ならこちらをご利用ください。

    これまでの段ボールの色は茶色の一色だったため、外側の見た目が一緒なので中身を確認するにも開封するか名札を付けて確認する必要があります。



    その点カラーダンボール箱は色がついているので、何色のカラーダンボール箱に入れたかを覚えておくことで開封しなくても記憶しやすくなるのです。
    そしてもう一つのメリットが、カラーダンボール箱をインテリアとして活用できる点です。


    先に言ったとおりに度段ボール自体がとても頑丈なので、カッターなどで切ることで小物づくりに役に立ちます。



    ただこれまでは茶色一色だったので色付けをする必要がありますが、もともと色がついているので組み合わせることで鮮やかな小物を作ることが可能です。